眼精疲労による頭痛について

眼精疲労による頭痛について

皆さんは仕事や日常生活で目の疲れを感じたことはありますか?日常生活でほとんど目を使っています。ですので目を休めないと疲れはだんだん溜まっていく一方です。

目の疲れが溜まってしまうと目の奥が痛くなったりしょぼしょぼしたり、充血してきます。このような症状は、目の周りの筋肉が緊張することで起こるのです。ただの眼精疲労と軽く見てはいけません。放っておくと更に悪化したり、背後に病気が隠れている場合があるからです。

では、どうして眼精疲労が起きるのでしょうか。よくある原因として4つ挙げてみます。まず1つ目は、パソコンやゲームのしすぎです。長時間画面を見続けることで目が疲れてしまいます。

2つ目は、テレビやスマートフォンの見すぎです。パソコンと同様で画面を長時間見ることで目が疲れます。

3つ目は、長時間の読書です。一点を長時間見続けることで目が疲れてしまいます。読書は、ついつい時間を忘れて長時間読んでしまいがちですよね。

4つ目、車の運転です。車の運転はとても神経を使い、周囲を常に注意しなければならずかなり目を使うため目が疲れてしまいます。

眼精疲労の原因はいろいろありますが、眼精疲労により頭痛が起きるという方も多いと思います。なぜ、眼精疲労から頭痛が起きるのでしょうか。

それは目が疲れることにより目の周りの筋肉が緊張し、これが慢性化すると頭の筋肉も緊張します。すると筋肉内の血管が収集し血流が悪くなります。血流が悪くなることで血管に酸素が十分に届かず老廃物が発生し、さらに血流が悪くなるので頭痛が起きてしまうのです。

スマートフォンやパソコン、読書などの使用が長時間になると目の周りの筋肉が緊張し、また首筋や頭の筋肉まで凝り、頭痛が起きます。

しかし眼精疲労は、なかなか自分では簡単に解消できません。整体や整骨院で首筋や頭の凝りをほぐすことで血流が良くなり、頭痛も解消されます。専門的な知識や技術を持った整体や整骨院で施術することで安全で確実に改善することが出来ます。

また、整体や整骨院で身体のバランスを整えることにより、眼精疲労から起こりがちな肩こりなど身体の不調も改善されます。

五香西口整骨院では、患者様とじっくりカウンセリングをし、患者様の身体に合ったマッサージや骨格の調整など行いますので安心してご相談ください。

パソコンやスマートフォンなどが普及している現代社会では、眼精疲労になる方が増えています。特に眼精疲労からの頭痛で悩んでいる方は多く、頭痛がすると動くのもきついですし精神的にもストレスになりますよね。

スマートフォンやパソコンなど長時間使用するのはやめて、目を休めることが大事です。また頭や首筋などの凝りをほぐして血流を良くし、眼精疲労からくる頭痛を改善しましょう。

頭痛の施術について詳しく見る⇒

TOPへ戻る