アキレス腱炎の原因と効果的な対応について解説!

アキレス腱炎の原因と効果的な対応について解説!

アキレス腱炎

アキレス腱炎

アキレス腱炎とは、足のかかとからふくらはぎにかけて起こる足の後ろ側の痛みのことを言います。
このアキレス腱炎ですが、適切な施術と対応をしていかないと、痛みが取れるまで時間がかかってしまうことがあります。

ここでは、このアキレス腱炎が起こる原因と効果的な対応についてまとめていきます。

まず、アキレス腱炎の起きる場所となるアキレス腱ですが、これは腓腹筋やヒラメ筋といったふくらはぎにある大きくて重なった筋肉がひとつにまとまった腱です。
足の重要な筋肉が一つになった腱ですから、かなり太く大事な腱といえます。

 

アキレス腱炎の原因ですが、その多くはオーバーユーズと呼ばれる足の筋肉を使い過ぎたことが原因です。
足にかかっている負荷にアキレス腱が耐え切れなくなってしまい、炎症を起こしてしまっているのです。

 

足の筋肉がオーバーユーズする理由も色々あります。
単純に運動などでふくらはぎの筋肉を使いすぎた場合もあります。
そうではなく、偏平足や外反母趾といった、足の形が悪いために足の筋肉への負担がかかりやすくて、痛みが出やすい人もいます。

 

その他に、腰や股関節といった下肢の故障などで体のバランスが崩れてしまい、それが原因で下肢への負担が増えてしまい、アキレス腱炎となることもあります。

このようにアキレス腱炎の原因を調べるには、アキレス腱の周囲だけを見るだけではなく、下肢全体を見る必要があります。

アキレス腱炎は、一度炎症を起こしてしまうと、その原因を解決していかないと負担が減りませんから炎症がおさまらずなかなか快復していきません。

 

他の箇所と違って、体重がしっかりとかかる足首の部分ですから、原因の解消をせずに炎症を抑える湿布や、固定するためのテーピングや包帯をしても症状はなかなか快復へはむかいません。

 

原因も調べずに、周辺のマッサージをいくら繰り返しても一時的に症状は良くなりますが、すぐに戻ってしまうのです。

 

それでは、どうすれば良いのでしょうか。
そんなあなたには、このアキレス腱炎に対して当院のようなベテランスタッフが揃っている整骨院に通院されることをおすすめします。

 

まず、アキレス腱炎の原因となった理由を問診でしっかりと確認して、その患者様それぞれにあった施術方針を立てて、それに沿って施術を行なっていきます。
そうすることで、一時的には遠回りに感じるかもしれませんが、結果的には最短で効果を出せます。

 

炎症を抑えるためには、針灸も有効な手段ですが、当院の場合、針灸についてもベテランスタッフが揃っていますのでお任せください。

—————————————————–
五香西口整骨院
住所:千葉県松戸市常盤平5丁目28−12
電話番号:047-710-6421
目印:松戸市五香駅から徒歩30秒
営業時間:平日9:00 ~ 12:00 / 15:30 ~ 20:30 土曜:8:00 ~12:00/15:00 ~ 17:00 日曜:8:00 ~13:00
定休日:木曜日
—————————————————–

TOPへ戻る