【鍼灸】首や肩の痛み・張り感・重だるさに対しての鍼(はり)

【鍼灸】首や肩の痛み・張り感・重だるさに対しての鍼(はり)

【鍼灸】~首や肩の痛み・張り感・重だるさに対しての鍼(はり)治療~

【事例】
30代男性。
デスクワークをしていて、首から肩にかけての重だるさや痛み、張り感が辛く来院されました。

【症状】
左右の頸部から背部にかけての筋緊張が強く、常に重だるさや張り感がある。
仕事が忙しくなり残業が増えると頭痛が出ることも多い。

寝ても疲れが取れず、起床後の身体のだるさにも悩まされている。

【アプローチ】
痛みや重だるさといった症状が出ている頸部から背部はもちろんですが、腰部の筋緊張もかなり強くなっており、首や肩、腰の関節可動域も通常よりも狭くなっていて動作時に痛みも少し出ていました。

そしてデスクワークの仕事をしている方に多く見られる猫背も強く、肩の内巻きや頭部の前傾など、かなりの不良姿勢が認められました。

この方の辛さを根本的に解決するには、普段の姿勢を改善するということはもちろんですが、まずは痛みや筋緊張を緩和する目的で鍼(はり)治療を行って行くことが効果的だと感じました。

頭痛も出ることがあるとのことでしたので、頭部や頸部、背部のツボに鍼を行い、腰部から臀部にかけての姿勢を支える筋肉にも鍼を行いました。

【結果】
仕事終わりや休日に週3~4回来院して頂き、初診から約3週間くらいは上記のアプローチを基本に施術を行い、当初の重だるさや痛み、張り感はほぼ気にならないくらいまで軽減しました。

それ以降は、鍼治療だけでなく猫背・肩甲骨はがしや姿勢矯正などをローテーションして筋肉に負担をかけないような姿勢作りを目的に施術を行っています!

【結論】
痛みや筋緊張、重だるさや張り感に対しての鍼(はり)治療は有効だといえます。

ただ、鍼治療をすれば1度の施術で完璧に改善して持続するものではありません。

誰しもがそうですが、年齢とともに自身の回復力は減少していきます。
『昔はケガや病気をしてもすぐに治ったのに最近は…』という経験は誰もが通る道です。

なので、コンディションを整えて維持する必要性は年々上がるのです。

にも関わらず昔と同じように放っておいたら治るものも治らないままになります。
特に姿勢は普段のクセや習慣によって作られるものなので、経過が長いほど悪化します。

痛みの緩和だけでなく、コンディションの維持をすることが長く健康を保つコツなのかもしれませんね!

鍼灸施術について詳しく見る⇒

—————————————————–
五香西口整骨院
住所:千葉県松戸市常盤平5丁目28−12
電話番号:047-710-6421
目印:松戸市五香駅から徒歩30秒
営業時間:平日9:00 ~ 12:00 / 15:30 ~ 20:30 土曜:8:00 ~12:00/15:00 ~ 17:00 日曜:8:00 ~13:00
定休日:木曜日
—————————————————–

TOPへ戻る