不良姿勢が頸椎に及ぼす力学的影響

不良姿勢が頸椎に及ぼす力学的影響

不良姿勢が頸椎に及ぼす力学的影響
~首が痛い、上が向きにくい、手にシビレがある、肩が痛い、頭痛がある~

▼結論
・頭部前方位の不良姿勢では、頸部の屈曲トルクが増大し、その為に頭部を支持する頸部後方支持組織には過剰な筋活動が強制される。簡単に言えば首の後ろの筋肉の緊張が高まると言う事。

▼不良姿勢により引き起こされる可能性がある症状
・頸椎症性神経根症
・首から肩にかけての痛み、筋緊張(酷いコリ)
・上肢痛
・手のシビレ
・頭痛

▼不良姿勢の原因
・長時間のデスクワーク
・スマホ操作などの下を長時間向く事
・体幹や背部の筋力低下
・悪い習慣(寝ながらテレビを見る、頬杖をつく)

▼事例
長時間のデスクワークを10年以上続けている40代女性
(症状)
・夕方からの頭痛(毎日)
・ひどい時には吐き気もあり

(施術)
・頸部後方の筋緊張の改善を目的にした「はり治療」
・不良姿勢(猫背)改善を目的とした骨格矯正

(経過)
・3週後には頭痛の頻度が毎日から3日に1度に減少
・仕事中に自分で姿勢をリセット出来る様になって、負担軽減した事により、頸部後方の筋緊張低下
・4ヵ月経過で1週間頭痛なしの週もある様になってきた。
・仕事の量などで症状はあるが、全体的に改善傾向である。

▼メッセージ
・現在はテレワークも増え、不良姿勢で仕事をしていると言う方も多いです。姿勢を改善し負担を減らす事で頭痛など改善出来ている方もいますので、お悩みの方は当院へご相談下さい!

—————————————————–
五香西口整骨院
住所:千葉県松戸市常盤平5丁目28−12
電話番号:047-710-6421
目印:松戸市五香駅から徒歩30秒
営業時間:平日9:00 ~ 12:00 / 15:30 ~ 20:30 土曜:8:00 ~12:00/15:00 ~ 17:00 日曜:8:00 ~13:00
定休日:木曜日
—————————————————–

TOPへ戻る