眼精疲労と疲れ目の違いについて

眼精疲労と疲れ目の違いについて

眼精疲労と疲れ目の違いについて皆さんはご存知でしょうか?
どちらも同じに思いますが、「疲れ目」は2種類に分類しています。

目の疲れを感じて休憩すると回復するものを「眼疲労」といいます。
休憩しても目の痛みや充血、かすみ、頭痛などが回復しないものを「眼精疲労」といいます。
一般的に言われる疲れ目は「眼疲労」のことで、それが重くなった症状を「眼精疲労」と分けられます。

眼精疲労には目の症状と身体の症状があり、目の主な症状は目の痛み、かすむ、充血する、涙が出る、しょぼしょぼする、視力の低下などがあります。

身体の主な症状としては肩こりなどの身体の痛み、頭痛、胃痛、食欲不振、便秘、吐き気、倦怠感などがあります。
更に悪化するとイライラや抑うつ、不安感といった症状に進行してしまいます。

では、なぜ眼精疲労が起きてしまうのでしょうか?
原因は、主に5つあります。まず1つ目は近視や乱視、老眼など目に疾患があることです。

見えにくいためピントを合わせるのに目を凝らすと目の周りの筋肉が緊張して血行が悪くなるので目に疲れを感じます。
メガネやコンタクトレンズの度数が合っていなくても同じように目の疲れを感じます。

2つ目は、身体の病気が目に現れていることです。
かぜやインフルエンザ、自律神経失調症、耳や鼻の病気が原因で眼精疲労が起きます。

3つ目は、目の使いすぎや環境の問題です。
パソコンやスマートフォン、タブレットなどの画面を長時間見ることや長時間の読書などパソコンなどの画面を見続けることで目が疲れてしまいます。

また、パソコンなどの画面の明るさや室内の乾燥により目が乾いてドライアイになることも眼精疲労の原因になります。

4つ目は、ストレスを受けることです。
ストレスを受けるとイライラや落ち着かないといった精神的な症状と高血圧や胃痛などのような身体にでる症状として眼精疲労も起きます。

5つ目は、日常生活のなかで悪い姿勢でいることです。
姿勢が悪いと片方の目ばかりで見たりするなどバランスが悪くなります。

では、眼精疲労を解消するためにはどうしたら良いのでしょうか?
残念ながら眼精疲労は、自分で意識して改善しないと自然治癒はしません。
注意する点としてパソコンを使用するときは、リラックスして背筋を伸ばしてモニターから目までの距離を40~50cmほど離しましょう。

また、目が乾かないように室内を加湿すると乾燥を防げます。
パソコンの画面に太陽が直接当たることも目の疲れになるのでカーテンなどで遮光すると良いでしょう。
他にもメガネやコンタクトの度数をきちんと合わせることも大切です。

そして、整骨院や整体で目の周りの筋肉をほぐし、身体のバランスを整えて血行を良くすることで眼精疲労や頭痛肩こりなども解消されます。

パソコンやスマートフォンなどが普及している現代社会では眼精疲労を感じている方は多いと思います。眼精疲労を軽減して健康的で快適な毎日にしましょう。

当院では、眼精疲労を軽減させる施術を行っております。
また、普段できるストレッチも指導させていただいておりますのでご相談ください。

—————————————————–
五香西口整骨院
住所:千葉県松戸市常盤平5丁目28−12
電話番号:047-710-6421
目印:松戸市五香駅から徒歩30秒
営業時間:平日9:00 ~ 12:00 / 15:30 ~ 20:30 土曜:8:00 ~12:00/15:00 ~ 17:00 日曜:8:00 ~13:00
定休日:木曜日
—————————————————–

TOPへ戻る