眼精疲労による身体の症状について

眼精疲労による身体の症状について

お仕事や日常生活で目が疲れることは、よくありますよね。しかしこの目の疲れ、実は放っておくと危険なのです。目の疲れは、自分で改善しない限り自然治癒はしません。そのままにしておくとだんだん悪化したり、目や身体の病気が隠れていることがあるのです。

では、眼精疲労にはどのような症状があるのでしょうか。目の症状だと主に目が疲れる、ぼやける、かすむ、痛い、重い、しょぼしょぼする、まぶしい、充血する、涙が出るといった症状が出てきます。

身体の主な症状は肩こり、頭痛、めまい、倦怠感、吐き気などの症状が出てきます。このような症状が続く場合は眼精疲労になっているのかもしれません。ただの目の疲れだからと軽く見てはいけませんね。

眼精疲労の原因は主に五つあります。まず一つ目は、目の病気です。近視や乱視、老眼になると視力が低下し、首を前に出す悪い姿勢になります。すると目が疲れたり、首筋や肩のこりが起きてしまいます。メガネやコンタクトが合っていないのも眼精疲労の原因になります。

他にもドライアイは眼球の表面が乾く病気で、コンタクトの人がなりやすい傾向にあります。また緑内障や白内障も眼精疲労の原因になります。

斜視や斜位は両目の視線が左右別々の方向を向いてしまい、物を見るときに左右の視線を合わせないといけないので眼精疲労が起きてしまいます。

また、眼瞼下垂はまぶたが垂れ下がってくる病気で、視野の上のほうが見えないので物が見えづらくなり眼精疲労を起こします。

眼精疲労の原因の二つ目は、身体の病気が目に現れることです。自律神経失調症やインフルエンザ、虫歯や歯周病、耳や鼻の病気、更年期障害などが原因で眼精疲労になることが多いです。

眼精疲労の原因の三つ目は、目の使いすぎです。目はもちろん使いすぎたり休ませずに酷使すると疲れてしまいます。スマートフォンやパソコンの使いすぎで眼精疲労を起こしている人が多いようです。

眼精疲労の原因の四つ目は、精神的ストレスです。ストレスを受けると精神面の他にも身体にも悪影響を起こします。高血圧になったり、胃潰瘍や眼精疲労も起きてしまいます。

五つ目は、身体の歪みです。身体に歪みがあると身体には多くの不調が出てくるのです。肩こりや腰痛、その他にも眼精疲労も起きてしまいます。

このように様々な原因で眼精疲労になるのです。とくにスマートフォンやパソコンが普及している現代社会は子供の頃から眼精疲労になることが多くなっていますので、時間を決めて使用したり、定期的に目を休ませることが必要です。

しかし、溜まってしまった眼精疲労は、自分ではなかなか簡単に解消できません。そこで整体や整骨院で身体のバランスを整えることで眼精疲労が解消され、肩こりなどの身体の症状も改善されるのです。

眼精疲労を感じていたり、様々な不調に悩んでいる方は一度整骨院や整体で身体のバランスを整えることをお勧めします。五香西口整骨院でもご相談にのっています。眼精疲労の原因を知り、解消して快適な毎日を過ごしましょう。

頭痛・眼精疲労の施術について詳しく見る⇒

TOPへ戻る