腱鞘炎は早期改善が望ましい

腱鞘炎は早期改善が望ましい

手指や手首の損傷で代表的な炎症といえば、腱鞘炎です
ズキズキとした痛みが特徴的で、曲げ伸ばしの動作やものを握った時に痛みを生じやすいのが特徴的でしょう。
手の使いすぎで発症すると言われていますが、症状が表れるまで時間がかかるとされています。
腱鞘炎の前兆や初期症状、原因についてご紹介しましょう。

■腱鞘炎の前兆と初期症状

腱鞘炎は手首の骨と筋肉を結ぶ腱と手の関節の動きに関わる腱鞘に炎症が発生することで、痛みが発生します。
腱鞘炎になってから痛みを感じるまでの期間が長く、痛くなるまで気付かないというケースがほとんどです。
前兆として手を自由自在に動かしにくい、手首に痛みのない腫れ、手を動かすとだるいといった症状が表れます。
初期症状になると、手首や指を動かすと不快感があり、一瞬痛みが走ってすぐに消える、どこが痛いのか具体的に分からないという症状が起きます。
中期の段階になると継続的な痛みや不快感があり、手を指で押すと痛い場所が明確になり、この段階で自覚する方が多いです。
放置すると慢性的に再発しやすくなるため、初期段階で改善することが望ましく、末期になると神経痛や神経麻痺、血行不良などを引き起こし、手術が必要になりこともあります。

■腱鞘炎になる原因

腱や腱鞘は手首や指の動きに関わる組織であり、ここを使いすぎると摩擦で炎症が起きてしまいます。
主にパソコンやドラムを打つ、ペンでの執筆が多い、手に負担をかけやすい家事や運動など、手首や指を使いやすい状態だと発症リスクが高いです。
腱鞘炎のリスクを回避するには、手首を使う長期的な作業時には適度な休憩を挟み、手の負荷をなくすようにしましょう。
また、手が痛いと感じたら作業を中断し、痛みが続くようなら症状が軽いうちに改善が必要です。

■整骨院で腱鞘炎を改善できる

腱鞘炎は整骨院で改善することができます。
病院では湿布や痛み止め、マッサージ、電気治療が一般的ですが、手の腱と腱鞘は肘や肩の関節とも連動しています。
肘や肩の腱の状態が悪いことで、手の腱にも影響が出る可能性は十分にあるのです。
整骨院では手指や腕の腱ねじれや骨のずれなどを改善することで、痛みの緩和や回復に導くことができます。
腱鞘炎になる原因は様々あるので、骨格を矯正するだけで発症原因がなくなることもあるのです。

腱鞘炎や手首・指の関節に関する施術も行っているので、手や指の痛みに悩む方はぜひ五香西口整骨院にお越しください。

柔整マッサージの施術について詳しく見る⇒

鍼灸・鍼の施術について詳しく見る⇒

TOPへ戻る