マラソンをする人はランナー膝に注意しよう

マラソンをする人はランナー膝に注意しよう

マラソンが好きな人の中で、走っていると膝の外側に痛みを感じることはありませんか?
そのまま走り続けてしまうと傷みが増える可能性もあり、スポーツをする際に悪影響を及ぼす危険もあるため、痛みを改善するためにも整骨院で施術をすることが肝心です。

■ランナー膝とは?

ランナー膝は、マラソンをすることが好きな人や陸上競技で活躍している選手に多く見られる症状です。
正確には「腸脛靭帯炎」と言われ、太股の外側にある靭帯が炎症を起こすことで発症してしまいます。
症状としては、膝の外側の痛みや太ももの外側全体に痛みが発生します。
発症してから早い段階では、ランニングをした後に太ももの外側に違和感があり、休むことで改善するのですが、悪化をしてしまうとマラソンをしてからすぐに痛みが出るだけではなく、階段の上り下りや歩いているだけで痛みが出ることもあるので、日常生活においても不便さがある症状です。

■ランナー膝の原因とは?

なぜランナー膝になってしまうのか原因を確認していきましょう。

・走り過ぎが原因
走り過ぎてしまうことが最も多い原因と言われています。
腸脛靭帯と大腿骨の摩擦が大きくなるほど炎症を引き起こす可能性が高くなるので、負荷がかからないように走る量を調整することが大切です。

・靴が原因
シューズの底部分にクッション性がないと足に負担がかかりやすくなってしまいます。
衝撃を抑えて膝に負担をかけないためにもクッション性のある靴を履いてスポーツをすることを心掛けましょう。

・走る道が原因
道路は水はけを良くするために端が低くなっています。
道路が斜めになっていることで太ももの外側にも負荷がかかるのでランナー膝になってしまうのです。
平らな道を選んで走るか、なるべく端を走らないよう工夫しましょう。

■ランナー膝の改善方法とは?

マラソンをした後に膝や太ももの外側に痛みがある場合には、アイシングが大切です。
冷やすことで炎症を抑えるので痛みも和らぐでしょう。
また、大腿筋膜張筋と大臀筋をストレッチすることも有効となるので、運動後に行うことをオススメします。
痛みが続くようであれば休息をとり、足への負担を避けるよう心がけましょう。
アイシングをしても改善しない場合には五香西口整骨院に足を運んでもらうことで、自身に合った最適な施術で痛みの改善を行います。
ランナー膝の痛みで悩んでいる方はお気軽にご相談ください。

ランナー膝を放っておくと日常生活にも支障が出てしまいます。
リフレッシュの一貫でもあるマラソンを長く続けていくためにも、五香西口整骨院にご相談いただき痛みを軽減させましょう。

柔整マッサージの施術について詳しく見る⇒

TOPへ戻る