10代がなりやすい腰痛!椎分離症の症状と原因とは?

10代がなりやすい腰痛!椎分離症の症状と原因とは?

腰痛は高齢者だけではなく、若い人にも発生しやすいものです。
10代が特になりやすい腰痛として「椎分離症」がありますが、どのような症状かご存じでしょうか?
症状が悪化すれば生活に支障が出るため、整骨院での改善や予防が望ましいです。
それでは、椎分離症の症状や原因についてご紹介しましょう。

■椎分離症の症状とは?

椎分離症は腰椎分離症や脊椎分離症と呼ばれています。
主に腰ベルトをつける部分やお尻、太ももに痛みが生じ、腰を後ろにそらせると強い痛みがあることが特徴的です。
一般的に10歳から15歳の成長期に生じやすく、青少年から高齢者も発症することがあります。
腰や下肢の痛みだけではなく、しびれが表れることもあるでしょう。

■椎分離症が発症する原因

ぎっくり腰など腰痛は腰への強い衝撃やけがでなるものがほとんどですが、椎分離症の場合はけがよりも日々の生活でなりやすいとされています。
10代の子どもは体が柔らかい子が多く、ジャンプや腰まわりの運動により腰椎の後方部に亀裂が入ってしまうと、腰痛やしびれが発症してしまうのです。
一般では約5%の割合で椎分離症を起こしており、スポーツマンの場合は約30%から40%の割合でなっていると言われています。
10代は体育や部活で激しい運動をする機会が多いため、発症しやすいのです。
特に目立つ症状がない場合、大人になってから発覚することも少なくありません。
発症から放置するとすべり症を発症し、背骨本体の椎体や腰を支える椎間板が変形する恐れがあるので、腰に違和感があれば早めの改善が求められます。

■放置せずに整骨院で改善しよう

椎分離症の放置は日常生活や運動で不便に感じるほど強い痛みが悪化し、場合によっては神経が圧迫されて下半身のまひもあります。
神経が圧迫された場合は手術で除去しなければならないこともあるので、症状が悪化する前に改善していきましょう。
安静にしていても改善されず、正しく動かすことで改善することができます。
知恵がない状態で動かすと悪化する恐れがあるので、椎分離症を疑う場合は整骨院に相談してください。
整骨院は病院と異なり手術や薬での治療はありませんが、整体技術で椎分離症やぎっくり腰など体の不調を改善できます。

松戸市の五香にある五香西口整骨院では椎分離症やぎっくり腰など腰痛に対する施術を行っています。
不快な痛みやしびれを改善することが可能です。
腰痛は年代問わず起きるものなので、腰に痛みや違和感があれば松戸市の五香にある五香西口整骨院へ気軽にご相談ください。

腰痛について詳しく見る

TOPへ戻る